2009年 04月 12日

CYCLE MODE ECO CLASSIC 2009 春 act3 打ち上げ編

悠久の時を伝える 堂々の3部作も いよいよおわり 打ち上げ編です
しかしもう 自転車の話題は出ないかも.........

c0136415_18415985.jpg

はい、ということで 感動のゴールの余韻にひたることも無く ピットを撤収し 
大変残念なことに 打ち上げに参加出来ないbobさんとRawgan番長夫妻と別れ
私とSeiさんはそれぞれの車で下山、その他のメンバーは車を宿の「ごふくや」さんに
置いてあるので 自転車でふたたび下山です。
(そういえば 隣のピットにいた会社の同僚達は いつのまにか 挨拶も無く消えている
 どういうこっちゃねん)


c0136415_18413696.jpg

とりあえず 宿に到着すると 荷物を降ろします(ちなみに 上の写真は ほったらかし
宿ではありません 近所の川魚食堂です)

で、ほったらかし宿 B&B「ごふくや」のベランダからみた裏庭に止めた車両群
おかしげな車ばかりです 、 
c0136415_19623100.jpg

あ、もう一台いましたね 。。。。
しかしこれも どうだか   iwanさんの AUDI TT.....
c0136415_1963758.jpg


そして車に分乗して 近くの旧御前山村巨大温泉センター 「四季彩館」に行って 汗を流します
まともな国産車 SeiさんのCR-Vが大活躍。
 (しかし みつお君がいない 何やってんだろ?)
温泉は これまた モテギ帰りの人が多く あきらかにローディーな人で混んでます
(すね毛剃ってる 日焼けあとが不自然  でぶが少ない 等)
で 脱衣場も籠がなかったり  浴場は洗い場で順番待ちの列が出来てたりで
ベラ混みなので 洗うのはあきらめ 流してから(すみません) 浸かるだけにしました 
それでもずいぶんさっぱりしました。

で、湯上がりに牛乳飲んで あとは 宴会のビール待ちです。ほぼ全員があがったころに
みつお君がやってきました(なにやってたんだろ?) 時間もおしているので
みつお君を残し また「 ごふくや」さんに戻ります。



宴会は昼蕎麦と同じ  トラッテリア「ごふくや」さんの大宴会場です

まず 大急ぎで 生ビールを頼みます みつお君が来ていないのに (しかも 今夜車で
帰るから飲めないのに)みつお君の分まで頼んでしまいました。
が、問題ありません どうせ飲んじゃうんだから.....2杯目が置いてあると安心ですしね。
c0136415_18432727.jpg


突き出しの菜っ葉や漬け物 もちろん自家製や地元で採れたものですね。
c0136415_18434556.jpg


カジカや沢ガニの天ぷら 山菜 、ぎんき(? ナマズのちいさいの)天ぷらが続々登場
(この辺は Jano隊長の「コレッ けーたいカッヨ?!』携帯で撮った食い物ブログの歩留まりが良いですね)
c0136415_19381442.jpg
c0136415_19383092.jpg

c0136415_19552821.jpg


圧倒的な手ぶれとフォーカスアウトで 得体のしれないこの人は
鯉と雷魚の煮付けです  どちらも臭みも無く 雷魚は肉質も歯ごたえがあり
鰹みたいな感じでした。特にショウガのようなハーブやスパイスで臭いを
消してるようでもなく しばらくタンクで泥を吐かせたり して 丁寧に仕込んでいるんしょうね。
このおいしそうな 煮こごりのシズル感だけは 伝わるでしょうか....
c0136415_19384368.jpg


そしてヴィジュアル的には 本日のメインとも言える 鯉と鮒の洗い 
那珂川の天然物ですね 。煮物で期待出来たように、全く川魚ぽい臭みが無いです
普通は 酢みそなど味の強いもので食べますが 、これは 普通に醤油で行けます。
魚というよりは獣肉に近い食感かも。
そのままでも 、すごいおいしいです。
c0136415_19391442.jpg

その他 超濃厚なもずく蟹酒、もずく蟹の味噌汁と絶品が続きます
(もずく蟹は渇水で漁が少ないそうです)


そして このまんなかで どうよと やはり 手ぶれなのが「ごふくや」のおやじさん
いつもの ありがたがらない地元のお客さんとちがって 皆、感動するので
モチベーションもアップでしょうか、えらいです。
(いつのまにかみつお君も到着です)
c0136415_18442819.jpg


えらいついでに みつお君 なんで遅れてるんだろうと 思ったら ゴール時点で
脚を強烈につってましたね、そうでしたね と 今気づきました(爆)
ごめん 単なる怠け者かと思ってたよ。
しかも なんと 全員分の完走証明書をゲットして来てくれてました。
あぁ 君はほんとは 良い子だったんだね  おぢさんが 間違ってました。
c0136415_18441643.jpg


さぁ 話は変わって 、Jano 隊長って この感じだと ちょっとふくよかな 坂本教授みたい?ね?
c0136415_18444170.jpg


そうして 1次会(?)もたけなわとなり おやじさんが とっておいてくれた
おいしい ざるそばで 締めとなり  みつお君とお別れして  トラッテリア裏手の
B&B(漫才コンビ じゃなくてね)で2次会&お泊まりです 200mくらい歩くかな けっこう遠い。
家捜ししてみつけた こたつ部屋で 宴会となります(だって 「ほったらかし宿」なんだもん)

しばしあって ふと寝室方面に行くとすでに 1名撃沈しています、
しかも よく見ると 幽体離脱しているようです、くわばらくわばら。
場所的には6畳間 3部屋続きの 披露宴やお葬式も出来る間取りに 
7人分のふかふかのふとんが 敷いてあります。
c0136415_1845072.jpg

はい、で こたつ部屋の こたつの上。持ち寄ったワイン、ウイスキー つまみ等を
エネルギーに 漫才を続けます。
c0136415_18451296.jpg

が、もう だめそうです 、やすんだほうがいいですね。
c0136415_18452459.jpg





そうして 朝になり ロビー(?)の囲炉裏におやじさんが 炭を起こしてくれました
そこに おやじさんが持って来てくれた バターロールみたいなのを あっためます
まぁ昨夜の地物料理攻撃とのギャップが大きいですが 基本「ほったらかし』の
素泊まり以下料金ですから 食べ物があるだけでも すばらしいです。
c0136415_18453996.jpg


そして いっしょに 持って来てくれた目玉焼きとハムとほうれん草なモーニングセット
これでは コンチネンタル ブレックファーストよりも豪華ですね。
これにコーヒーやお茶を各自好きなようにいただきながら また ひとしきり
だべります、 さすがに 漫才パワーはもうありませんが。
c0136415_18455486.jpg


2時間ほどまったりして 10時もちかくなったので ぼちぼち撤収です
裏庭(?)の菜の花越しのB&B
c0136415_19534666.jpg


徒歩0分の那珂川に向かう、 田舎者で良かったって感じですね
c0136415_195423100.jpg


荷物を積んで帰りの準備
c0136415_19544099.jpg


宿の前に上がって それぞれの 家に戻ります。  やっぱり CR−V以外は変な車ばっかです
c0136415_19545747.jpg


宿のすぐ近くが県境でした 。那珂川が県境のような気がするのですが、川を渡っても
栃木県があります。 ライン川を越えてもドイツ領という地域があると 昔
松本零士の漫画で読んだような。。。。似たようなもんですかね?
ティガー戦車がどこかに潜んでいるような  気はしませんがね。
c0136415_1955831.jpg


宿の前には 見事な桜林がありました 周りに黄色い菜の花も溢れ。
宇都宮の方では 既に散り出していましたが ちょっと離れただけなのに
このあたりは 満開です 
c0136415_1954654.jpg



ということで おしまいね。
[PR]

by maybeaztec | 2009-04-12 10:00 | 自転車


<< CYCLE MODE ECO ...      CYCLE MODE ECO ... >>