abema Días de Oro

maybeaztec.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 15日

idlers忘年耐久2007

モテギでの春の3時間、夏の12時間に続く年3回のidlers耐久シリーズ最後の3時間忘年耐久サポートです、この「耐久倶楽部Riterdando」のレースへのサポートはマーチカップのサポートと並び個人的なモータースポーツかかわりのメインとなっております。今回もサインエリア担当とピット作業のADみたいなことで冬の一日を過ごしました。去年の忘年耐久(ひどい雨でした因縁の東コース)に続きメインマシンのトレノとクラブ内の有志で出資しているALFA145の2台体制です。
どちらもidlersレギュレーション上のGTストリートクラスです。

午前中は各クラスのスプリントのレースが行われ(ほとんど911系!)耐久のスタートは午後からなので、いつもと違い わりと遅めの動きで、8時南ゲート集合となっています。んで 8時丁度に南ゲート着、ほどなくドライバーのひとり山形のJ君到着。
しかし南関東組は常磐の事故渋滞で遅れています。
c0136415_1684399.jpg

しばしあって全員集合、クレデンシャル等をもらい入場しますGTストリートクラスは基本的に車検とれるレベルの改造範囲なので、自走です。
c0136415_169161.jpg

良い天気です
c0136415_1692592.jpg


c0136415_16103038.jpg

2パドに駐車し割当ピットに向かい 準備に入ります。


トランスポーターでもある(シート取っ払ってるので荷物がよく入る)競技車両から資材、機材をおろし、ピットサインエリアの作戦司令所(テント)と 待機場所(これもテント)の設営、そして各競技車両そのものの準備をまぁなにげに分担しながらこなしていきます。
今期で惜しくもドライバー休止で今回サポート役でがんばるローガンリーダーと
今回トレノドライバーのタ〜坊さん
c0136415_16112394.jpg

今回はトレノのほうの監督業のNoseさん いつもはドライバー
c0136415_16114867.jpg

司令所の設営がうまくいかず、ローガンリーダーにしかられるメンバー...ではありません。無事完了です。
鬼マネージャー手配の黄色いテントタープも今回デヴュー、ドライバーからの視認性もよく狙い通りのようです、
c0136415_16122560.jpg

ピット裏の待機所も設営完了
c0136415_16125688.jpg

車両準備も順調です
c0136415_16132174.jpg


ひと通り準備が終わるとあとは昼過ぎまで時間があるのでまったりすごします、
もとい 今回145ドライバーの東次鬼監督,TOPUさん、今回総指揮の鬼マネージャーTマリ嬢、今回もピットをしきるサヤミ嬢の作戦会議のようです。
c0136415_16135514.jpg


911系のなかでも盛大な仕様範囲を誇るスーパーカップクラスは935みたいなのまでいます。
c0136415_16145782.jpg

c0136415_16181092.jpg


耐久前最後のその911系スプリントレースでオイルを吹いて1コーナーで炎上などというアクシデントもあり、あまり見ないオイル処理車(?)が出動してます。
c0136415_1619348.jpg


予定より20分遅れで 耐久のシーケンスがスタート まずグリッドにつけます。
くじ引きらしいグリッドは145は55番 トレノはもっと前でした
c0136415_16194523.jpg


さて3時間を145はドライバー2名それぞれ2スティントづつ給油4回、トレノは3名1スティントづつ給油3回という作戦。
145のほうが燃費がやや悪いのでこんな感じのようです、Lap Timeは145がやや速いので総合的にはトントン、ただ信頼性はやはりトレノが上。
トレノのドライバーはJuun君、タケトC君、た〜坊君、145は鬼監督とTORUさん
給油はローガンさん、Noseさんコンビに、空きのドライバーが補助でつく体制、

ところで「なんでもあり」などと言われるidlersですが 実は給油法やハンディキャップピットストップ等でイコールコンディション化がなされています。
スタート前のタンク内燃料量は40L以下 1回の給油は20L以下3分間(給油の間はドライバー交代含む給油以外のいっさいの作業禁止)ピット作業はドライバー含め4名以下、動力工具使用禁止、さらに速い車(クラス)はそれぞれに応じた義務ピットストップ時間が設定されます。基本的に速い車は燃費も悪いため給油回数は増え、さらにハンデも追加され、(耐久における)性能差が圧縮されていくというわけです。

給油、2名と消火器係1名 ノーメックスの耐火服、マスク、グローブ 車体アースの義務付け。と 安全上の規定も十分。ガソリンスタンド給油としないのは順番待ち等による不公平なロスタイムをきらってかもしれません。
c0136415_1621257.jpg

3分間の給油時間の計測はお隣のチームに依頼し 副計測を自チームで行います。計測は毎回 新潟から駆けつけるS嬢。
c0136415_16214227.jpg


ということで レースそのものの写真はありませんが
寒い冬の午後、2時間も過ぎる頃から日は落ちて行き 長い一日の短い3時間が終わり、暗がりの中無事ゴールを迎えます。
ピットレーンで2台の帰還を待つTeam専属(?)カメラマンjanoさん
c0136415_17101416.jpg


だいたいの成績 60台中トレノ13位(現代車クラス9位)145は初盤のABSトラブルのコースアウトで3周分ロス(あとはだましだましで走りきる)したものの23位くらいと良い成績で終えています、
c0136415_16222198.jpg

c0136415_16224366.jpg


というわけで おつかれさまでした。
来季もがんばりましょう。
[PR]

by maybeaztec | 2007-12-15 17:00 | Alfa145