abema Días de Oro

maybeaztec.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 27日

黄金週間 連休3日目

あっというまに連休も3日目、特に決まった予定もなく、行き当たりばったりな日々が
続きます。 で今日は 久々に自転車に乗りました。
モテギの耐久以来 肋骨の具合も見ながらだったので 通勤でも乗ってませんでした。
で、鬼怒川サイクリングロードに向かいます、TIMEでいくのは初めてです。

昨日までの荒れもよう天気のためか 出遅れたにも関わらず空気がクリア
で、日光表連山や鶏頂山がきれいに見えます
c0136415_20563686.jpg

反対側の筑波山もきれい
c0136415_20565746.jpg


で、真岡を抜け二宮町の折り返し地点、後半向かい風が強かったので
帰りは楽かな?
c0136415_20585193.jpg


途中にある生物保護している沼の前 オオバン(鳥ね)トンボ等の希少種
がいるそうです
c0136415_2173785.jpg


でも、反対側はゴルフ場だったりするんですが、肥料や農薬の影響は
無いんでしょうか?ちょっと心配ですね。
c0136415_21756100.jpg

筑波山と沼地、ですが なぜか 帰りも向かい風になってしまっています
しかも結構強い....
c0136415_2181284.jpg


さらに帰り道は進み、河川敷の中のトレール....雉子がいました(雄)
すぐ逃げたんで 写せませんでしたが、おそらく うちのテストコースの
林で見て以来2度目だたかも。野生は。
c0136415_2183054.jpg


んで、梢がそよそよと揺れるような 強烈な向かい風の中 市内に戻り
ちょうどお昼なので ラーメン屋を探します。
トーヨーボールの手前に新しいお店がありました。
聞いた事ある名前ですが 移転したか 分店でしょうかね。
店内もこじゃれた感じでフローリングだったりしますが
情け容赦無くクリートシューズでがつがつ歩きます。
c0136415_2184975.jpg


和風ラーメンとのことですが メニューは醤油と 味噌 そしてつけ麺、とシンプル
普通と大盛りが選べますが 大盛りは2玉です しかも+120円。
前回のトラウマがあるので 普通盛りに ネギ、煮玉子トッピングにしときます。
(ISO 感度を上げ忘れて100のまま撮ってしまったので ぶれぶれです 爆)
煮玉子は今時めずらしい 固茹ででした(失敗?)
麺は中細ストレート、さすが120円 特質する感じはまったくありません。
スープは  Rawgan師匠言うところの「魚粉系」量もたっぷりな鶏と魚のダブルスープ
濃い、こってり、粉っぽい....和風ってこういうことなのかな?っていう疑問は
さておき、好きなひとにはいいかも。けっこううるさそうな 営業系のお客さんも
暴れる事も無く 普通に食べてました。
c0136415_219991.jpg


んで、ラーメン食べただけで心拍は140近く行きました(爆)
c0136415_2192312.jpg


線路を越えて西口に入ります、田川に鯉のぼりがかかってます。
駅周辺は なんだか殿下か陛下が来られるらしく交通規制と多量の
警察官が投入されてました。
c0136415_2193729.jpg


県庁近くの ブリッツェン事務所のあるビル、1Fのコンビニがつぶれちゃってました。
昨日のJサイクルツアー 第1戦 群馬CSCで見事長沼選手が優勝したのですが
チームはまだ凱旋していないような感じです。
c0136415_2195136.jpg


その売り上げがブリッツェンの活動資金になる ブリッツェン自販機2号機
(1号機は 関東自転車、4号機が自転車の杜 新店舗)
c0136415_2110686.jpg


その 自転車の杜 新店舗 完成してますが まだ引っ越し途中のようです
連休中にオープンかしら?
c0136415_21101720.jpg


ということで三日目 終了。
[PR]

by maybeaztec | 2009-04-27 10:00 | 自転車
2009年 04月 18日

CYCLE MODE ECO CLASSIC 2009 春 番外編 M緯様スペチアーレ

え〜 今週会社に行ったら 隣のピットだった 同僚な皆様のうち M緯様から
『なんで 僕だけ ブログに載ってないんですかぁ、 ひどいじゃないですかぁ」と
捨て台詞を残して帰宅されてしまったので、家でチェックしたみると 
確かに                           無い。

しかし それを言えば 応援撮影に来てくれていた
芳賀郡芳賀町のH賀様もまったく載っていない。しかし かれは文句ひとついわず
そればかりか 自分が撮った画像のDVDをわざわざ焼いて来てくれたりしている。

まぁ 理由はあってM緯様は 朝はぷらぷら勝手に出歩いていて近くに居なかったとか
戻ってくる前にこっちは昼蕎麦食いにでかけたとか、
スティントが重なり  チャンスが少なかったとか まぁ いつもの仕事と同じで
言い訳はやたら 出来る訳です、
しかし 肝心なのは 良い写真が無かった (いや 被写体どうのじゃ無くね)
フレーミングがわるかったり、逆光だったり、フォーカスが来て無かったり
面白みがなかったりと 使える写真が無かったわけです。
腕に加え、 CONTAX SL300RT*の歩留まりも悪く  はまった写真じゃないと
補正に耐えるだけのキャパも無いんですね(しきい値は相当低いんですが 自分)。
ま しかし 本人も最近仕事では良い事無さそうなので  特別偏をプレゼントしましょう
(ずいぶん個人的なことにNetを使っちゃってごめんなさい .... もともとそうか)


では まず スタート前のM緯様 
なんで どういう意図で 撮ったのか解らないショット、 
絵自体は十分なんですが これは 普通使えません
しかし アングルから見ても 相当不自然な俯瞰で ある意味 SL300RT*の回転カメラヘッド
なればこそですが それが目的だったんでしょうか。
それにしても痩せてますね うらやましい。
c0136415_17282668.jpg


おそらく最初のスティントから戻られたM緯様 景色が煩雑で絞り込めないので
没にしました。 次のライダー山ちゃんにタグを渡したとこですかね、
右はじは RitのJano隊長。
c0136415_17283895.jpg


これも 写り自体は問題無いけど 絵的に没でしたね とにかく 中央の M緯様の
表情 雰囲気が暗過ぎで これでは 笑いがとれません。
c0136415_17285073.jpg


ほいで 最後は M緯様 お笑いになられているんですが 思いっきり逆光で おしいです 
ごらんのように 補正しても ざらざらするばかりなんで 没でした。
ひだりは 文句も言わずにこやかにお笑いの H賀様 シルエットからもそんな雰囲気ですね。
c0136415_1729649.jpg



ということで M緯様 ごなっとくいただけたでしょうか ? また次回 カメラの歩留まりまたは
運の向上に期待して お開きとさせていただきます。
[PR]

by maybeaztec | 2009-04-18 17:09 | 自転車
2009年 04月 12日

CYCLE MODE ECO CLASSIC 2009 春 act3 打ち上げ編

悠久の時を伝える 堂々の3部作も いよいよおわり 打ち上げ編です
しかしもう 自転車の話題は出ないかも.........

c0136415_18415985.jpg

はい、ということで 感動のゴールの余韻にひたることも無く ピットを撤収し 
大変残念なことに 打ち上げに参加出来ないbobさんとRawgan番長夫妻と別れ
私とSeiさんはそれぞれの車で下山、その他のメンバーは車を宿の「ごふくや」さんに
置いてあるので 自転車でふたたび下山です。
(そういえば 隣のピットにいた会社の同僚達は いつのまにか 挨拶も無く消えている
 どういうこっちゃねん)


c0136415_18413696.jpg

とりあえず 宿に到着すると 荷物を降ろします(ちなみに 上の写真は ほったらかし
宿ではありません 近所の川魚食堂です)

で、ほったらかし宿 B&B「ごふくや」のベランダからみた裏庭に止めた車両群
おかしげな車ばかりです 、 
c0136415_19623100.jpg

あ、もう一台いましたね 。。。。
しかしこれも どうだか   iwanさんの AUDI TT.....
c0136415_1963758.jpg


そして車に分乗して 近くの旧御前山村巨大温泉センター 「四季彩館」に行って 汗を流します
まともな国産車 SeiさんのCR-Vが大活躍。
 (しかし みつお君がいない 何やってんだろ?)
温泉は これまた モテギ帰りの人が多く あきらかにローディーな人で混んでます
(すね毛剃ってる 日焼けあとが不自然  でぶが少ない 等)
で 脱衣場も籠がなかったり  浴場は洗い場で順番待ちの列が出来てたりで
ベラ混みなので 洗うのはあきらめ 流してから(すみません) 浸かるだけにしました 
それでもずいぶんさっぱりしました。

で、湯上がりに牛乳飲んで あとは 宴会のビール待ちです。ほぼ全員があがったころに
みつお君がやってきました(なにやってたんだろ?) 時間もおしているので
みつお君を残し また「 ごふくや」さんに戻ります。



宴会は昼蕎麦と同じ  トラッテリア「ごふくや」さんの大宴会場です

まず 大急ぎで 生ビールを頼みます みつお君が来ていないのに (しかも 今夜車で
帰るから飲めないのに)みつお君の分まで頼んでしまいました。
が、問題ありません どうせ飲んじゃうんだから.....2杯目が置いてあると安心ですしね。
c0136415_18432727.jpg


突き出しの菜っ葉や漬け物 もちろん自家製や地元で採れたものですね。
c0136415_18434556.jpg


カジカや沢ガニの天ぷら 山菜 、ぎんき(? ナマズのちいさいの)天ぷらが続々登場
(この辺は Jano隊長の「コレッ けーたいカッヨ?!』携帯で撮った食い物ブログの歩留まりが良いですね)
c0136415_19381442.jpg
c0136415_19383092.jpg

c0136415_19552821.jpg


圧倒的な手ぶれとフォーカスアウトで 得体のしれないこの人は
鯉と雷魚の煮付けです  どちらも臭みも無く 雷魚は肉質も歯ごたえがあり
鰹みたいな感じでした。特にショウガのようなハーブやスパイスで臭いを
消してるようでもなく しばらくタンクで泥を吐かせたり して 丁寧に仕込んでいるんしょうね。
このおいしそうな 煮こごりのシズル感だけは 伝わるでしょうか....
c0136415_19384368.jpg


そしてヴィジュアル的には 本日のメインとも言える 鯉と鮒の洗い 
那珂川の天然物ですね 。煮物で期待出来たように、全く川魚ぽい臭みが無いです
普通は 酢みそなど味の強いもので食べますが 、これは 普通に醤油で行けます。
魚というよりは獣肉に近い食感かも。
そのままでも 、すごいおいしいです。
c0136415_19391442.jpg

その他 超濃厚なもずく蟹酒、もずく蟹の味噌汁と絶品が続きます
(もずく蟹は渇水で漁が少ないそうです)


そして このまんなかで どうよと やはり 手ぶれなのが「ごふくや」のおやじさん
いつもの ありがたがらない地元のお客さんとちがって 皆、感動するので
モチベーションもアップでしょうか、えらいです。
(いつのまにかみつお君も到着です)
c0136415_18442819.jpg


えらいついでに みつお君 なんで遅れてるんだろうと 思ったら ゴール時点で
脚を強烈につってましたね、そうでしたね と 今気づきました(爆)
ごめん 単なる怠け者かと思ってたよ。
しかも なんと 全員分の完走証明書をゲットして来てくれてました。
あぁ 君はほんとは 良い子だったんだね  おぢさんが 間違ってました。
c0136415_18441643.jpg


さぁ 話は変わって 、Jano 隊長って この感じだと ちょっとふくよかな 坂本教授みたい?ね?
c0136415_18444170.jpg


そうして 1次会(?)もたけなわとなり おやじさんが とっておいてくれた
おいしい ざるそばで 締めとなり  みつお君とお別れして  トラッテリア裏手の
B&B(漫才コンビ じゃなくてね)で2次会&お泊まりです 200mくらい歩くかな けっこう遠い。
家捜ししてみつけた こたつ部屋で 宴会となります(だって 「ほったらかし宿」なんだもん)

しばしあって ふと寝室方面に行くとすでに 1名撃沈しています、
しかも よく見ると 幽体離脱しているようです、くわばらくわばら。
場所的には6畳間 3部屋続きの 披露宴やお葬式も出来る間取りに 
7人分のふかふかのふとんが 敷いてあります。
c0136415_1845072.jpg

はい、で こたつ部屋の こたつの上。持ち寄ったワイン、ウイスキー つまみ等を
エネルギーに 漫才を続けます。
c0136415_18451296.jpg

が、もう だめそうです 、やすんだほうがいいですね。
c0136415_18452459.jpg





そうして 朝になり ロビー(?)の囲炉裏におやじさんが 炭を起こしてくれました
そこに おやじさんが持って来てくれた バターロールみたいなのを あっためます
まぁ昨夜の地物料理攻撃とのギャップが大きいですが 基本「ほったらかし』の
素泊まり以下料金ですから 食べ物があるだけでも すばらしいです。
c0136415_18453996.jpg


そして いっしょに 持って来てくれた目玉焼きとハムとほうれん草なモーニングセット
これでは コンチネンタル ブレックファーストよりも豪華ですね。
これにコーヒーやお茶を各自好きなようにいただきながら また ひとしきり
だべります、 さすがに 漫才パワーはもうありませんが。
c0136415_18455486.jpg


2時間ほどまったりして 10時もちかくなったので ぼちぼち撤収です
裏庭(?)の菜の花越しのB&B
c0136415_19534666.jpg


徒歩0分の那珂川に向かう、 田舎者で良かったって感じですね
c0136415_195423100.jpg


荷物を積んで帰りの準備
c0136415_19544099.jpg


宿の前に上がって それぞれの 家に戻ります。  やっぱり CR−V以外は変な車ばっかです
c0136415_19545747.jpg


宿のすぐ近くが県境でした 。那珂川が県境のような気がするのですが、川を渡っても
栃木県があります。 ライン川を越えてもドイツ領という地域があると 昔
松本零士の漫画で読んだような。。。。似たようなもんですかね?
ティガー戦車がどこかに潜んでいるような  気はしませんがね。
c0136415_1955831.jpg


宿の前には 見事な桜林がありました 周りに黄色い菜の花も溢れ。
宇都宮の方では 既に散り出していましたが ちょっと離れただけなのに
このあたりは 満開です 
c0136415_1954654.jpg



ということで おしまいね。
[PR]

by maybeaztec | 2009-04-12 10:00 | 自転車
2009年 04月 11日

CYCLE MODE ECO CLASSIC 2009 春act2 レース

で 参考までに 今回のリタルダンドの 編成です
栃木ライン(老人部) sei, abema
神奈川ライン          HIDE, ナギ
千葉ライン              Jano,bob
Eastonライン        Rawgan シロ
ソロ                      みつお
Beach iwan , sakuyama
と なんとも けっこうな 大所帯です
配分は それぞれのチームで決めて行きます

まぁ そういうわけで スタートグリッド(?)に並んだ訳ですが 適当に出て行ったので すでに最後尾
先頭集団からは スタート時点で3分遅れな位置かもしれません。とはいっても
プロ選手の引く先頭の超高速列車に付けるわけもないので いいのかもしれません。
ということでいならぶスタートライダーな人たち(除くiwanさんは隣にいました)
栃木老人部は3周交代で行く事にしました
c0136415_23462783.jpg


逆走コースなので ビクトリーコーナーを抜け90°コーナーから ダウンヒルストレートを
登ります 最後尾スタートでしたが ここでさらに置いて行かれるので
人影まばらです。余裕も無いのに写真撮ってる場合じゃないでしょう。
c0136415_23464063.jpg


で 2周目くらいかな   HIDE さんとランデブーしました、
c0136415_2346521.jpg


ピットに戻ってSeiさんと交代しました
そして しろさんを待つRawganさん、(彼らは4周1スティントのようです)
c0136415_2347767.jpg


こちらはピットエリア休憩所  半時計周りに各自のテンションが上昇著しいです 
こうしてみるとbobさん調子悪そう、 シロさんやけくそ気味?
c0136415_23472090.jpg


ビーチなsakuyamaさんのサポートのお嬢様から差し入れいただいた バナナケーキ おいしかったです
c0136415_23473630.jpg



待機するナギさんと愛機Cレコ仕様のコルナゴ 、 サイクリングやレースなどの
状況に応じてコグ スプロケットのレシオを変更してあわせているようです
c0136415_23474893.jpg


そして交代するナギ君と戻って来たスタートライダー HIDE さん
c0136415_2348041.jpg


時は過ぎ Jano隊長はbobさんをRawganさんはシロさんを待ちます
c0136415_2143679.jpg

そして Rawganさんは一家総出で待ってますシロさんを。
はやく戻らないと怖そうです。
c0136415_23481327.jpg


 iwanさんとiwanさんの相棒 sakuyamaさんのサポートのお嬢さん@バナナナッツケーキ さん
sakuyamaさんを待ちます
c0136415_23483031.jpg

はい sakuyamaさん到着、交代だす。
c0136415_2349196.jpg


まいどお世話様なRawgan令夫人 いつもご苦労様です
c0136415_23491717.jpg


ま  ということでな隣のピットの同僚チームなみなさん、ふだんとはまったくちがう
明るい青少年風な感じです、今回初大会ですが なぜか速い。2チーム出して
そのうち1チームに iwanさんチーム以外は皆負けてしまいました。どうなんでしょ?
c0136415_23493142.jpg


ま、いま思えばくやしくて もう一緒に仕事はしたくない感じですが、
一緒に写真撮ってしまいました。
c0136415_23505688.jpg



ほんでもって 変身しようとする人、なかなか出来ないんですけどね 普通。
c0136415_21565595.jpg


おやおやまぁまぁなぜか時間も過ぎもうゴールな感じです
計画上は最終ライダーとなるべく シロさんを待つ Rawgan一家、
結局その目の前でピット閉鎖、怖いですね。
c0136415_23511920.jpg



はい ゴールに向かう〜ゴール後な皆さん
まず Seiさん ナギさん
c0136415_2225595.jpg


そして最終ラップをきざむ4時間ソロのみつお君、昔は若手だったので
今回本人を除く全員一致の意見で ノンストップで4時間走ることになりました。
c0136415_2234789.jpg

右はじに写っているのが アンカーで激走中の同じ職場の新人◯川君、
まったくの素人風ですが 
老人部はこの子のチームにも負けてます。
c0136415_2245292.jpg



で、とりあえず RITチーム帰還、
c0136415_226996.jpg

後光差す Jano隊長 おっつでした
c0136415_2264646.jpg


老人エース Seiさん 
c0136415_227652.jpg


ナギ君、 お疲れでした
c0136415_227211.jpg


みつお君 見るからに苦しそう ってか 痛そうです
c0136415_2273896.jpg

迫真の演技(じゃないって)で倒れ込む みつお君 よくがんばりましたね。
終了直前に 足がつったそうです
老人部はこの子にも負けてます
c0136415_23521531.jpg


で フォーカスアウトで手ぶれな シロさんの帰還 お疲れ様でしでし。
c0136415_22322317.jpg



そして ACT3 打ち上げ編に続く....
[PR]

by maybeaztec | 2009-04-11 13:00 | 自転車
2009年 04月 11日

CYCLE MODE ECO CLASSIC 2009 春act1 レース前

今年初の競技イベント エコクラにいつものリタルダンドメンバーで参加、相方はもちろん老人エースSeiさん。
そのほか 最近の補強の結果 県別ラインが並びます 千葉ライン Jano隊長とbobさん、神奈川ラインは
 なぎさん HIDEさん、 Eastonライン(?)はRawganさんとシロさん、そして4時間ソロに埼玉(だっけ?)
みつお君がいどみます。そのほか Beach系 地元鹿沼のiwanさんたちとも合流。

で、朝5時半すでにゲートオープンな時間ですが家を出発、ま場所取りはなんとかなるでしょ。
c0136415_21574531.jpg



で6時過ぎ 2パドに到着。まだ中の駐車場もあいています
c0136415_2158744.jpg


さすが老人、すでに指定ピットにはSeiさんが待ってます、聞けばゲートオープンで入ったとか
すごいですね。でもなんか ぜんぜん空いています、不景気でお客さん少ないのかな?
c0136415_21585264.jpg


今日は新愛機TIMEホルス号で参加です、シェークダウン直後に 肋骨を折ったため
(いまだ折れてますが)まったく熟成が進んでいません、先週ひさびさに走った
BLITZEN主催サイクリングでもサドルを留めてるシートポストのネジが緩み
ばらばらになってしまいました。
基本スローピングのフレームですが、そうおもうとサドルが前上がりなことに
気がつきますね、これの修正をしたものの合わせがわるく レース中
あらぬところが痛くなることに...
c0136415_21591782.jpg



7時からの試走にも出る事も無く まったりとすごしているうちに
いよいよ 8時からはロード スプリント競技が始まりました( これは見るだけ)
c0136415_21593652.jpg



そうこうするうち ちょい早めに リタルダンド協力団体の Beach系活動員bobさんが
北ゲートにクレデンシャルが無いまま到着、ツインリンク関連会社にお勤めのSeiさんが
迎えにいきます。
迎えにきてもらったわりに えらそうなbobさん(爆)
しかも 間違えて手に靴を履いてしまっています。これは漕ぎづらいですね。
うしろにあるのは 誰もきづかなっかった 買い替えた DOGUMA
おんなじ傾向のカラーなんだもん......
c0136415_22265049.jpg


パドックにはBLITZENのブースもありました、柿沼監督みずから準備中でした、
おつかれさまです。
c0136415_21595393.jpg


で 時間もぼちぼちということで かねてより 段取っていた (今夜の打ち上げでも
お世話になる) 「ごふくや」さんに 昼蕎麦をたべに自転車で下山(?)
R123に出てから北ゲート方向を見れば 結構な登りです(そりゃ結構
下りましたもんね)
帰りはスタート前にここを自転車で登り返す訳です、もうおりちゃたから
後戻りできません.......
c0136415_222445.jpg



はい bobさん入れて3人で「ごふくや」さんに到着
下り基調なので そりゃ楽ですが....帰りがね
途中国道に狸さんも敷かれていて カントリー感満喫です
c0136415_222162.jpg


で、その他の他県含むメンバーは直接「ごふくや」さんに集合ということで
しばし全員がそろうのを待ちます......

bobさんはすぐに人とは打ち解けられな性格です 同じようにわがままな なぎ君とは
性が合わないようです(うそですよ)
c0136415_2223497.jpg



そこへいくと 夫唱婦随なRawgan 一家、そうならざるおえない事情が
夫Rawganにはあったりするわけですが........
c0136415_2224882.jpg


Jano隊長合コン相手に電話です(うそです) みつお君がちょいおくれそうとのこと
c0136415_223155.jpg


 Beach系活動員 しろさんも到着
なんとまぁ いつみても はでなジャージで(地味なの持ってないでしょ?)
c0136415_2232145.jpg


皆で外でもたもたしていると おやじさんに呼ばれ お店にはいります
ほどなく やっぱりピーチなiwanさん組の到着です
c0136415_225512.jpg


ほいで とりあえず突き出しの青菜や漬け物とオプションでお願いした小鮎のからあげが 並びます
c0136415_2253184.jpg


少し遅れたみつお君 うれしそうに鮎を食べます これなら鮎も報われる。
c0136415_2255186.jpg


で、普通(?)のざるそばと
c0136415_226811.jpg


辛み大根ですね どちらもおいしい ふつうなら 2〜3枚は行きたいところですが
レース前なのでじっとがまん、
c0136415_2262626.jpg


さて、おなかもまぁまぁとなり 基本自転車でツインリンクに戻ります
よく考えたら これからレースです なのにツインリンクまでの登りで消耗するわけです
c0136415_2264159.jpg


美しい景色とはバーター(なのか?)な 登りがずいぶん続くツインリンク内道路、
とうぜんちぎれて行きます
すでにレースは終わった感があります。
c0136415_2265771.jpg



ピットに着くと となりにたまたま入った職場の同僚Team がそろってました
c0136415_2272563.jpg


Tシャツは良いですが できればサイクルジャージでお願いします。
c0136415_22750100.jpg


んで くつろぎのピットスペース ... 人少ないですね
c0136415_2281753.jpg


で13時の4時間スタート向けて集合です、まずスタートライダーの記念撮影
あ、自分もスタートライダーなので 撮影側を写してますです。
c0136415_2284629.jpg


そしてスタートエリアに向かいます
c0136415_2294092.jpg


はい 次はレース編に続く(明日?かな)
[PR]

by maybeaztec | 2009-04-11 06:00 | 自転車
2009年 04月 04日

BLITZENと走ろう

申し込んでいた 『第1回 宇都宮ブルッツェンと走ろう』というサイクリングイベントに
行ってみました。
3月頭にスキーでやってしまった肋骨の骨折とヒビ、
今週になっても 骨折の具合がいまいちながら 徐々に改善方向に向かっている
実感はなんとなくしているので、来週のモテギ エコクラッシック自転車
耐久に参加できそうかどうかの 様子見のためというのも目的です。
3ランクあるうちの真ん中のまったり班に応募したのですが (以下コース)
http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=c782e21aa2e0baafa502c4b5ca8e44fe
ロマンチック村起点ということで宇都宮、日光市、鹿沼市の丘陵(?)エリア
周遊60kmというコースでした。 自転車通勤も出来ていなかったので
6週間ぶりの自転車、かつ骨折の不安を持ちながらではありましたが
結果的には負傷部が痛まないように体を使えば ダンシングも登りも走れる
事が確認出来ました。落車さえ気をつければオッケーそうです。
めでたしめでたし。しかしあいかわらず だれと走っても
登りで置いてかれますね(爆)。 しかも 一晩たったら筋肉痛。

さて 進行にあわせて振り返り
スタート ゴール地点のロマンチック村に集合、 やや迷いながら 到着です。
c0136415_11385990.jpg


このへんだと桜もまずまずですね
c0136415_11505392.jpg

で 受付です 参加費と引き換えに BLITZENステッカー ロマンチック村
入浴券とお食事券800円分 さらに スポンサー様からのバナナやCCD等の
補給も貰えて 結構お得です
c0136415_11523255.jpg

コースの事前確認をしている選手な皆さん
c0136415_11524641.jpg

Team Carはレガシーとエスティマ
c0136415_1153014.jpg


BLITZENのどん 馬場代表、今回は大会実行委員長
c0136415_11533145.jpg


コース案内やら注意事項 選手紹介等が続きます
c0136415_11534661.jpg



柿沼キャプテン
落車した CHISAKO選手の鎖骨手術も先日無事終わったとの告知もありました
c0136415_11523143.jpg


なぜか 清水選手による 選手宣誓(競技なのか?)
c0136415_11524590.jpg


なかば あきれながら 見入る参加者な皆様
c0136415_1153077.jpg


そしていよいよ出発です、参加者は40名くらいでしょうか。
しっかり(がっつり?)班2組 、まったり のんびり班3組の5組構成で
時間差で出発 それぞれにBULITZENの選手一名とサポートの人が数名付きます 
私の割当は 廣瀬キャプテン率いる「まったりA班」
スタート時9名 偶然にも同僚の◯田さんたちも一緒です。
c0136415_11531277.jpg

引いてもらうので平地は楽ですが30km/hくらいのペースです。
c0136415_126535.jpg

ほどなく登り基調 倉掛トンネルに向かって登っていきます 
c0136415_1245612.jpg

後方に控えるサポート隊の皆さん
c0136415_1264284.jpg

トンネルは片側しか歩道が無いので右側に渡ります
c0136415_127978.jpg

そしてトンネル内は微妙な登りでしたが、 登れば 下り 押さえ気味に
c0136415_1272654.jpg




桜?もきれい
c0136415_15463223.jpg


快調に行きます
c0136415_15452683.jpg


村里感が良いですね
c0136415_15471765.jpg



川の上流に向かってゆるい上り道をたどります
桜が咲く頃は さぞきれいでしょうが 残念ながらまだつぼみ
c0136415_15481033.jpg


サポートに回っている 偽SKILLな人 KOGA MIYATAはカンパ組です
c0136415_15482892.jpg


廣瀬キャプテン以下 まったりA班で記念撮影
c0136415_15484543.jpg


そして
エイドステーションに到着 距離てきにも中間地点 村民グラウンドを御借りします
c0136415_154965.jpg


テントにはいろいろ補給が置いてあります 「なににしようかな」
c0136415_15543524.jpg


バナナとデコポン 写真に写ってませんが 甘食と CCDもありました
c0136415_15545212.jpg

会社の同僚 ◯田さん達、
c0136415_1555950.jpg


そして おいしかった 甘食 私は3ついただいちゃいました
c0136415_15552633.jpg

機材はわりとバラバラに置かれています  たたずむのは斉藤祥太選手 だったかな?
c0136415_15554519.jpg


最後の柿沼監督ひきいる まったりのんびりC班も到着です
c0136415_15544293.jpg

小径車で参加なおねえさんもいます スタッフとは知り合いの方のようです。
c0136415_1555057.jpg


そして休憩所をでて 後半戦に向かいます
c0136415_1558141.jpg


実はほどなく登り....しっかり班以外には 本日の最大の山場
名も無き峠(柿沼監督命名)2kmの登り.....
c0136415_15592356.jpg

やっぱ 全然だめで インナーローで登るのがやっと 心拍はもちろん上限
写真なんか撮ってる場合じゃありませんでした どんどん置いて行かれます
c0136415_1559412.jpg


だいぶ お待たせして 頂上で合流
c0136415_160494.jpg


上ではサポーターの 偽SKILLな人がデジイチしています 
選手やスタッフはピーク付近で登り降りを繰り返して撮影してもらってます 
余裕です、
c0136415_1621712.jpg

右端の方は なるしま純正ジャージです、なるしまのおやじさんや 殿村さんとかと
お知り合いな雰囲気の方で、登りも楽々と行かれてました
参加者は けっこう高齢な方が目立ってましたね。
c0136415_1602526.jpg


そして たいへんありがたい 下りです もう足は売り切れ
c0136415_1663875.jpg

でも下りだから 余裕です
c0136415_1653119.jpg

鹿沼から 大谷に近いのでしょうか 露天で大谷石を切り出したような山が見えます
c0136415_167294.jpg

途中の墓地で休憩 集団がばらけないように 後半はまめに休憩を入れます
c0136415_1662937.jpg


しばらく行ったコンビニ駐車場でまた小休止
c0136415_1611644.jpg

お客さんいないから いいですけど 占拠状態
c0136415_16111484.jpg


その後
大谷近くの城山西小学校でやっている 孝子桜祭りに寄ります 
c0136415_16113389.jpg

孝子桜(こうし)という親孝行伝説のある大きなしだれ桜が満開で 結構な人が出ています
以前から見たいと思っていましたが なかなか地元なのに来れませんでした ラッキーです
c0136415_1630526.jpg


そして 廣瀬キャプテン 待ち伏せ(?)していた おじいさんとお孫さん(?)に
ファンサービス カメラ ビデオと大変です このおじいさん 『キャプテン
サングラスとってください」とか まわりに移り込む 荷物や ゴミをどけたり
なかなか ただ者では無い雰囲気でした、しかも お孫さんのサインボードは
なんと手作りでした
c0136415_16305564.jpg


突然ですが 自分撮りしてみました SL300RT*の 仕様想定としては
収まるはずですが なんかはみ出ます(もちろんヒトより手は長いのに)
c0136415_1631344.jpg


城山西小を出て  Japan Cupの平地ルートを行きます
残り5kmほどで ロマンチック村です
c0136415_1632825.jpg


最後の難関  7−11のある田野交差点左折 森林公園の登りに入ります
そして 最終周回以外のルートをたどり 射撃場方面へ向かう登りへ...
すでに足は残ってないので なかなか大変です 引き離されながら で頂上で合流
c0136415_16342312.jpg

いつのまにか まったりA班の人数も増え グルペットと化しています
ゴールまで 後少し この御もなぜか微妙な登りが続きます
c0136415_1634462.jpg


突然ですが ロマンチック村に帰着 閉会式です
c0136415_16342266.jpg

初めてのBLITZENの参加型イベントも無事終了しました
c0136415_16374739.jpg


いよいよJサイクルツアー開幕です
第1戦は 4月26日 群馬CSC 皆で応援しましょう 行ける人は行きましょう
c0136415_1638181.jpg


最後に廣瀬キャプテンと記念撮影 圧倒的に前面投影面積が違いますね
Cd値は良いんですけどね。
お疲れ様でした また エコクラでお願いします
c0136415_16382331.jpg

[PR]

by maybeaztec | 2009-04-04 10:00 | 自転車